ごま油にもセサミンは含まれているの?

アンチエイジングが広く注目されだしてから、とくに色々な場面で特集されるようになったセサミンですが、非常に高い健康促進効果と合わせて注目されている理由がゴマ一粒の中にたったの0.5%しかセサミンが含まれていないという希少性の点もこのセサミンが大きく取り上げられることになった要因だといわれています。
つまりセサミンを多く摂取するためには大量のゴマを食べる必要がでてきますが、普通に考えると、ゴマだけをたくさん食べるということは現実的ではなく、ましてや毎日それを続けることを考えると、結構大変なことに思えてしまいますよね。
では、ゴマ以外にもセサミンは含まれていないのかというと、実はこのセサミン、ゴマの中だけにある特別な成分なので、ほかの食品からとることはできないといわれています。
一粒の中に0.5%しか含まれていないセサミンの抽出方法は会社によって違いますが、詳しくはこちらhttp://zenibo-milimania.world.coocan.jp/made.htmlで説明されています。

それを聞いて、それなら同じゴマの仲間である「ごま油」はどうなのか?と疑問に思った人もいると思いますが、ごま油の中にも微量のセサミンは含まれています。
しかし、一般的なすりゴマや練りゴマに比べ、加工方法が異なるごま油には別の成分であるセサモールというものが多く含まれていて、このセサモールも抗酸化作用はあるといわれています。
とはいえセサミンに比べるとやはり成分的には若干見劣りしてしまうところがあるため、同じゴマの成分でもセサミンのほうが支持率は高いようです。

また、これらの商品も美容や健康、またはダイエットに大変効果的なので是非試してみてください。
 ローヤルゼリー  http://r-zero.jp/ket.html
 青汁       http://xn--nckg3oobb6892cot4az0h884h.com/08yasai.html
 イソフラボン   http://xn--eck7bvd2a5dzc.tv/sp_yoku.html
 プラセンタ    http://xn--z-tfum8g1dtc.com/08.html