セサミンによる副作用は存在する?

アンチエイジングや更年期障害への高い改善効果で人気の健康成分であるセサミンですが最近はその有用性が広く知られるようになり、家族単位でセサミンを摂取する家庭も増えてきたというデータもあるようです。
子供から年配者まで老若男女問わず、飲めばその健康効果を得られる優れたセサミンですが、やはり気になるのは、そんなに体に良いものなのに副作用はないのか?というものだと思います。
健康食品やサプリメントの類には、一日の摂取量が定められている商品も中には存在しますが、自然の食品であるゴマから抽出した成分であるセサミンには、そういった摂取量の規定や副作用の心配はあるのでしょうか。

まず、結論から述べるとセサミンは自然の食品に含まれる天然成分のため基本的に副作用は起こらないとされています。
そもそも、「副作用」というものは科学的な薬に対する人体の反応ですので、薬ではないセサミンについては「副作用」とは無縁であるといえます。
しかし、「基本的に」という言い方をしたのは、アレルギー反応など一部の人にとっては体質との相性が合わず、なにかしらの影響が出てしまうこともあるためセサミンを継続的に摂取しようと考えている場合には、事前に自分の体質について考慮しておくことが大切です。