白ごまと黒ごまでは含まれているセサミン量は違うの?

若返りに健康促進、美容効果にコレステロール値改善と万能サプリメントの代表格であるゴマの中にふくまれている成分のセサミンですが年々、習慣的に日常生活の中に取り入れる人が増えているということでも最近特に注目されるようになってきました。
なんといっても、前述のような健康促進効果があるにもかかわらず薬ではなく、食品という点が多くの人の垣根を取り払った大きな理由のひとつではないかと考える専門家もいるほど、セサミンは私たち人間にとって優しい成分であるということがわかります。
さて、そんな優れた健康食品であるセサミンですが、ゴマから抽出されるということで「白ごま」と「黒ごま」のどちらに多くセサミンが含まれているのか?
という疑問が多くあがることをよく耳にします。

昔から「白ごま」と「黒ごま」の栄養価の違いについては様々な比較や考察が行われてきましたが、セサミン量だけを見比べてみると「白ごま」のほうが「黒ごま」に比べ含有量が高いという研究結果があるようです。
それに対し「黒ごま」には高い抗酸化作用が含まれているとさえていますので、もしもそのまま食品としてごまを食べる場合には、白黒ともにバランスよく摂取したり、合わせて料理に取り入れるなどの工夫をするとお互いの栄養素を補うことができるのでおすすめです。